もう一度、自分の足で

ashide_poster

▲上の画像をクリックするとPDFが開きます。

ご挨拶

血管医学研究推進機構の活動にご興味をお持ちいただき、まことにありがとうございます。
日頃から足の血管疾患に悩む多くの患者さんを診て参りました。
特に、足の血管疾患で多いのは動脈硬化が悪化した閉塞性動脈硬化症(ASO)です。喫煙・糖尿病・高血圧・脂質代謝異常は重要なリスクファクターで、全身的な動脈硬化も進んでいることが多く、患者さんの約50%が冠動脈疾患(心筋梗塞・狭心症)、20%が脳血管疾患(脳梗塞)を合併する確率があります。

喫煙を続けている方は、禁煙されている方と比べて症状の悪化が3倍以上確認されています。

糖尿病の患者さんは、非糖尿病患者さんと比べ、重症率が5倍高いと言われます。
重症化してからの2年生存率は50%と言われるため、必ず専門医を受診して、足の治療をすすめるとともに、禁煙・糖尿病治療を守られることをお勧めします。
動脈硬化を悪化させるリスクファクターを治療するのが病気の進行を抑え、生活を向上させるためには一番重要です。

以前は薬物治療・カテーテル検査が治療の主体でしたが、近年は前者治療での改善が不十分の方に、細胞や遺伝子を利用した治療法が開発されています。
心配な方は是非専門医に相談して下さい。
専門領域は、循環器科や病院によってはフットケア外来などがあります。

ASOは高齢の方が多いのが特徴ですが、若い方でも同じような病気があります。
バージャー病は20代から40代の男性の喫煙の方に圧倒的に多く、早い治療が必要です。
近年、特にこの病気での細胞治療・遺伝子治療の有効性が確認されていますので、予防医学的観点から是非早めに治療することをお勧めいたします。

理事長 浅原孝之
NPO法人 血管医学研究推進機構

bs_time_pr

特集記事

  • 夢の治療最前線〜血管再生医療について

    「再生医療」と聞いて、みなさんはどのような治療が思い浮かびますか? 今回は、再生医療とはどのようなものか、そして血管再生医療の最新の状況について、分かりやすく説明いたします。
  • 動脈硬化について

    監修:大阪大学大学院 医学系研究科 健康発達医学寄附講座 教授
    NPO法人 血管医学研究推進機構 理事 中神 啓徳先生
  • 足の状態チェックリスト

    監修:大阪大学大学院 医学系研究科 健康発達医学寄附講座 教授
    NPO法人 血管医学研究推進機構 理事 中神 啓徳先生
  • これから始まる遺伝子治療〜HGF遺伝子治療薬の登場

    著者:森下 竜一 大阪大学大学院医学系研究科 臨床遺伝子治療学 寄附講座 教授
    NPO法人 血管医学研究推進機構 理事