子供向けサイエンス教室

アカハライモリのイモじろう

こんにちは。
ぼくはアカハライモリの「イモじろう」といいます。
IMG_0405

みんなはぼくのこと、どれくらい知っていますか?
IMG_0407

きみたちのあそびなれた公園や近所の川など、ぼくらにとってはちょっと生活しづらくてね。
都市開発(としかいはつ)がすすんで、みんなの生活はすばらしくなったけど、ぼくたちの生活は、そうでもないよ。
DSC00080

今、ぼくたちはかぎられた地域環境(ちいきかんきょう)の中でひっそりとくらしているんだ。
IMG_0419

おっと、まちがえないでね。
ぼくらは、カエルやトカゲ、おうちにひそんでいるヤモリとはべつの生き物だよ。

ぼくらは水辺でないと生きてゆけない。
imojiro

あまり見かけないでしょ?

ぼくらは日本の固有種(こゆうしゅ)といって、その地域にしか生息していない生き物として、長い間、この土地で生活をしてきたけど、ちょっと生活しづらくなってしまってね、
2006年には環境省(かんきょうしょう)レッドリスト(準絶滅危惧種じゅんぜつめつきぐしゅ)に指定されたんだよ。

ぼくの大きさは全長10センチほど、まえ足は4本、うしろ足は5本、そして長いしっぽをもってるよ。
見た目はじみだけど、じまんのおなかは赤く点々もよう。
だから「アカハラ」って名前がつきました。

だいこうぶつは、あかむし。
だから、おなかが赤いのかな。
imojiro2
imojiro3

もうひとつ、じまんしたいことがあるんだ。
それは、ぼくらが「再生(さいせい)のチャンピオン」って事!

どういう事かって?

ぼくらは手足やしっぽ、目、臓器(ぞうき)、骨にいたるまで、傷(きず)をおっても、なんどでも、もとどおりに再生(さいせい)することができるんだ。

どう?
すごいでしょう!
imojiro4
imojiro5
あっ、トカゲの自切(じせつ)とにてるけど、ちがうよ。
ぼくらは骨まで再生(さいせい)できるんだ。

人は、手や足をけがや事故(じこ)など失ってしまったら、ぼくらイモリのように再び再生をしない。
imojiro6

だからぼくたちイモリの再生のメカニズムが研究(けんきゅう)によってあきらかにされて、しょうらい医療分野(いりょうぶんや)で応用(おうよう)されたらいいのになっておもうんだ。
いいアイデアでしょ?

おっと、そろそろごはんの時間だ。
今日のごはんは、何にしよう?
こおろぎやちょうちょ、いないかな?
いもむしやイトミミズなんてさいこうのごちそうだ。

さて、次回は、ぼくらの生活について。
もう少し詳しくおはなしをするね。

imojiro7
再生のチャンピオン イモじろうより。