特定非営利活動法人 血管医学研究推進機構は医療と皆様の橋渡しができる団体を目指します。

NPO法人血管医学研究推進機構

10月4日、インタビュアーは、プロレスラーのレジェンド藤波辰巳さんがお見えになり、森下理事とともに取材を受けました。
取材概要は、機構設立の経緯、事業の特色、啓蒙活動のコンセプト、取り組みを通した健康医療への発信、今後の
展望など。詳しい模様は、来年1月掲載号を後日ご案内させていただきます。

bstimes1
bstimes2

B.S TIMES について 〜HP より抜粋、紹介いたします。

異業種交流会パートナーシップPlus』から創刊

concept_image01
関西で老舗の交流会事業として定着している『異業種交
流会パートナーシップPlus』を主催し、これまで『関西ビジネスサテライト新聞』を発刊し、ビジネスパーソンや文化人の活動を発信してきた実績を持ちます。 新たにバージョンアップしたものが、架け橋をつなぐインタビューマガジン『B.S.TIMES』です。

世界に広がるB.S.TIMES

もともと『異業種交流会パートナーシップPlus』は経営者同士のマッチング、各種人材の紹介、情報交換シーンをセッティング、転職紹介、展示会開催などを行ってきました。近年、その活動幅は広がりを見せ、地域は大阪、神戸・京都・名古屋・東京・福岡・札幌など全国各地、ジャンルは起業・経営・経済・文化全般に及びます。また、近年はアメリカ(ロサンゼルス・ドバイ・カタール・カンボジアなど)海外への人材紹介や出店のお手伝い、海外企業、海外在住の日本人の取材などグローバルな広がりをみました。『B.S.TIMES』ではそれを受け、広く世界に発信する、また関西・関東の経済シーン・文化シーンを深くする使命を持ったペーパーとして生まれ変わります。

サポーターと共に発信・交流

concept_image02
『B.S.TIMES』はBSサポーターが発信するためのツールであると同時に、一般またはビジネス・文化パーソンに広く発信するための新しい仕組みを持ったフリーペーパーでもあります。
BSサポーターは『B.S.TIMES』の発行に関わるため、広く活動を一般の方に発信することが可能のみならず、紙面やWEBを通じて交流や刺激を得ることができます。

企業マインドを共に成長・共に支援

『B.S.TIMES』は関西ビジネスサテライト新聞社のモットー「共に成長、共に支援」を受け継いでいます。経験の少ない企業家や将来の起業家を中心に、発信を助け、安定したつながりを増やすことで、お互いが助け合い、共に育っていこうという取り組みです。場を設けるだけではなく、具体的に営業マンが定期的にお伺いすることで、密度を上げて具合的にサポートに動きます。起業家や文化人を育てることで、関西・関東の経済・文化シーンを熱くし、低迷する日本経済を底上げすると同時に、海外へ進出していく企業マインドをサポートします。